リフォームのデメリット

耐久性に不安がある場合も

新築よりも比較的安い費用で

理想の居住空間を実現できる、まさに良い事ばかりに思えるリフォームですが、新築に比べたデメリットもあります。次の3つが代表的なものですから、これらのデメリットもしっかりと把握しておきましょう。

まずひとつ目は、築年数が長いために、新築に比べて耐久性に不安がある可能性があること。
中古の戸建やマンションを購入する場合には、築年数に注意する必要があります。昔は建築基準法が現在より厳しくはありませんでしたから、見えない部分での手抜き工事などで、耐震性等が現在の法律の基準を満たさなくなってしまっている場合があります。そして基準を満たすように性能を上げるための大幅な工事が必要となり、逆にかなりの費用がかかってしまう可能性もでてきます。

特に、1981年6月に耐震基準の大幅な見直しが行われた為、それ以前に建築確認を受けているかが1つのポイントになります。不安を感じる方は、専門家に見てもらうのがよいかもしれません。

住むまでに時間がかかり、ローンの金利が高い事も

デメリットの二つ目は、住むまでに時間がかかる場合があること。
中古の戸建やマンションをただ購入する場合には、住みたい戸建やマンションを探して購入し、引き渡しが行われ住むのが一般的ですが、リフォームする場合には引き渡しまでの間に、建物検査に設計、施工などの作業が加わります。

さらに強いこだわりがある場合は建築士との打ち合わせなども必要で、完成まで大変な時間がかかってしまいます。忙しくて打ち合わせの時間が十分に取れないという方や、一刻も早く住み替えたい方には適切ではありません。

そして三つ目は、ローンの金利が高くなる傾向があること。
中古の戸建やマンションを購入しリフォームを行う場合。ローンを利用しようとすると、リフォームの費用には一般の住宅ローンが利用できないため、住宅ローン以外に、別途「リフォームローン」を利用する必要があります。リフォームローンは金利が一般の住宅ローンよりも高い傾向があるため、総じてローンの金利が高くなります。