リフォーム

リフォームならみわい工房

自然素材へのこだわり

現代は、健康のことを考え住む場所を変えるのではなく 住む家の環境を変える時代といわれています。

住まいとは永く健康に、安全に暮らせる場所でなければならない。そんな住まいの本質を考えれば、自然素材や無垢材へこだわりを持ってリフォームすることは、当たり前のことではないでしょうか。決して無視することのできないのが、健康な住まいとそこに住む人間の関係です。

天然材を住宅の建築用材として加工した木材を、「無垢材」といいます。無垢材は生きている木材で、化学物質を含まない自然素材です。

無垢材の魅力はなんといっても「美しさ」と「やすらぎ」。無垢材を使って建てられた家は、気の癒し効果が満載。まるで森の中に居るようなおだやかな空気が漂い、その空気に包まれれば家族を自然と笑顔にしてしまう力があります。

また「無垢材」は、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドを全く含みません。「みわい工房」では使用する木材を、そんな自然素材にこだわっています。

883fcf389fde8c740064e043b686b9f2_s

ショールームで触れてみよう

無垢材にはまた、「調湿作用」があります。室内の湿気が多ければ湿気を吸収し、乾燥すれば湿気を放出して、室内の湿度を自然に調節する作用を持っています。そんな無垢材こそ、湿気の多い日本の気候風土に適した建築用材だと、言えるのではないでしょうか。

自然素材にこだわったみわい工房では、自然素材の良さを実感できるショールームが開設されています。本物だけが持つ美しさ、無垢材の肌触りや優しさなどを、是非一度実際に触れて感じてみてはいかがでしょう。

また同社では、リフォームの打ち合わせ時の段階で、依頼主のイメージや要望をより明確にするために、パース図と呼ばれる、立体図を提示してくれます。

キッチンはこんな風に、お風呂はこんなイメージで等と口頭のみの説明ではイメージが沸きづらいものです。そして実際リフォームをしたら想像と違っていた、なんていうことがあっては嫌ですよね。その点三次元の立体図があれば、簡単に確認できるのではないでしょうか。